究極のマイナス5歳肌 VS 至高のマイナス5歳肌

30代ずぼら主婦が本で見たりネットで見つけたりした自分が気になる美容情報をつづってます。

相も変わらず美肌維持の情報をまとめてみる。

石鹸などで顔を洗った後は何もしないでいると化粧水が肌へしみこむ割合は低下します。また石鹸などで洗顔した後がもっとも乾燥が悪化するので、潤いがなくならないうちに肌を乾燥から守る保湿成分の入った化粧水をしみこませないと乾燥してカサカサ肌の原因になってしまいます。

コラーゲンという成分は、動物の身体を構成する何よりも一般的なタンパク質であり、骨や皮膚、腱、内臓など生体のいろんな箇所に分布しており、細胞同士をしっかりとつなぐための接着剤としての重要な役割を担っていると言えます。

ヒアルロン酸の水分保持機能に対しても、角質層においてセラミドが効率的に肌の保護バリア能力を発揮してくれれば、肌の保水機能が向上して、もっと瑞々しく潤いに満ちた肌をキープすることができるのです。

肌が持つ防御機能によって潤いを守ろうと肌は戦っているのですが、その貴重な働きは老化によって弱くなっていくので、スキンケアの保湿から足りない分を補充する必要があるのです。

注意していただきたいのは「汗がどんどん滲み出たまま、急いで化粧水を顔に塗らない」ようにすることです。塩分や老廃物を含んだ汗と化粧水が混ざり合うと肌に予想外のダメージを与える可能性があります。