究極のマイナス5歳肌 VS 至高のマイナス5歳肌

30代ずぼら主婦が本で見たりネットで見つけたりした自分が気になる美容情報をつづってます。

今日もなにげなーく美しさを保つケアを書いてみた

体内のヒアルロン酸の量は乳児の頃が最大で、30代以後は急速に減少していき、40代の頃には乳児の時期と比較すると、約5割程度に落ちてしまい、60歳を過ぎるととても少なくなってしまいます。

ほとんどの女性が連日当たり前のように使う“化粧水”。だから一層その化粧水にはこだわり抜きたいものですが、暑い季節に目立ちやすくて困る“毛穴”対策にも良質な化粧水の使用は非常に有益なのです。

スキンケアの基本といっても過言ではない化粧水を顔につける際には、はじめに程よい量を手のひらのくぼみに取り、温かくするような気分で手のひらに大きく広げ、顔全体に万遍なくソフトに行き渡らせます。

セラミドは肌をうるおすような保湿能力の向上とか、肌より不要に水分が逃げるのを蓋の役割をして防いだり、周りから入る刺激あるいは細菌の侵入などを防いだりするような働きを持ちます。

アトピーの皮膚の改善に用いられることも多い最強の保湿成分セラミド。このセラミドの効果を利用した安全性の高い化粧水は保湿する効果が高く、肌ダメージの要因から肌をきちんと守る働きを高めてくれます。