究極のマイナス5歳肌 VS 至高のマイナス5歳肌

30代ずぼら主婦が本で見たりネットで見つけたりした自分が気になる美容情報をつづってます。

今日もヒマをもてあまして美肌を保つ方法の情報を書いてみる。

体内のヒアルロン酸の量は乳児の頃が最大で、30代以後は急速に減少していき、40代の頃には乳児の時期と比較すると、約5割程度に落ちてしまい、60歳を過ぎるととても少なくなってしまいます。

潤いを与えるために必要な化粧水を肌につける時には、はじめに程よい量を手に取って、温めていくような感じをキープしつつ手のひらに大きく広げ、顔全体を包み込むようにそっと浸透させていきます。

体内に取り込まれたセラミドは分解されて他の成分と姿を変えるのですが、その成分が皮膚に届くことでセラミドの生合成が促進され、角質層のセラミド含有量が次第に増えるという風にいわれているのです。

美容液を取り入れなくても、美しい肌を保ち続けることができれば、それでいいと考えられますが、「なにか物足りない気がする」と考えることがあるのなら、年齢のことは関係なく毎日のスキンケアに取り入れていいのではないかと思います。

よく聞くプラセンタとは英語でPlacentaと綴り胎盤を示しています。基礎化粧品や健康食品で最近頻繁にプラセンタをたっぷり配合など見かけたりしますが、これについては器官としての胎盤そのもののことをいうのではありませんので不安に思う必要はありません。