究極のマイナス5歳肌 VS 至高のマイナス5歳肌

30代ずぼら主婦が本で見たりネットで見つけたりした自分が気になる美容情報をつづってます。

本日も取りとめもなく美しさを作るケアの情報を調べてみる

今日では技術が向上し、プラセンタが持つ効能のある成分を問題なく取り出すことが可能な状況となり、プラセンタの多彩な作用が科学的にきちんと立証されており、更に詳細な研究も行われているのです。

セラミドは肌の保水といった保湿の能力の改善をしたり、皮膚の水分が出ていくのを食い止めたり、外からのストレスや細菌などの侵入をきちんと防いだりする働きを担っています。

天然の保湿成分であるヒアルロン酸は細胞間組織に多く含まれ、健康でつややかな美肌のため、高い保水能力の持続や吸収剤のように衝撃を緩和する役目をして、壊れやすい細胞をしっかり保護しています。

最近耳にする美容成分セラミドは、表皮細胞の新陳代謝の過程で生み出される“細胞間脂質”のことで、3%程度の水を保有し、細胞をまるで接着剤のように接着する重要な働きをすることが知られています。

ヒアルロン酸の水分保持機能の件についても、角質層においてセラミドが上手く肌を守る防壁機能を発揮すれば、皮膚の保水機能が高まることになり、なお一層維持することができます。