究極のマイナス5歳肌 VS 至高のマイナス5歳肌

30代ずぼら主婦が本で見たりネットで見つけたりした自分が気になる美容情報をつづってます。

くだらないですが、弾む素肌を保つケアの要点を調べてみました。

体内のヒアルロン酸の量は乳児の頃が最大で、30代以後は急速に減少していき、40代の頃には乳児の時期と比較すると、約5割程度に落ちてしまい、60歳を過ぎるととても少なくなってしまいます。

老いによって肌にシワやたるみのような変化ができる理由は、なくてはならない構成要素のヒアルロン酸の量が減少し水分のある若々しい皮膚を維持できなくなるからです。

本来的には、十分な効能を期待するならヒアルロン酸を1日量として200mg以上忘れずに飲むことがお勧めではあるのですが、ヒアルロン酸を含有する食材は非常にわずかで、通常の食事から摂るのは容易なことではないはずです。

最近耳にする美容成分セラミドは、表皮細胞の新陳代謝の過程で生み出される“細胞間脂質”のことで、3%程度の水を保有し、細胞をまるで接着剤のように接着する重要な働きをすることが知られています。

セラミドは皮膚の角質層において、角質細胞の隙間でスポンジみたいな役割をして水や油を閉じ込めて存在する細胞間脂質の一種です。皮膚や髪の美しさを維持するために不可欠な役割を担っています。