究極のマイナス5歳肌 VS 至高のマイナス5歳肌

30代ずぼら主婦が本で見たりネットで見つけたりした自分が気になる美容情報をつづってます。

本日もヒマをもてあましてもっちり素肌になるケアの情報を書いてみる。

老いることで顔の印象を左右するシワやたるみが肌に生じてしまうわけは、欠くことのできない大切な要素であるヒアルロン酸そのものの量が少なくなってしまい十分に潤った肌を保つことが困難になってしまうからに他なりません。

セラミドとは人の肌の表面において周りから入る刺激を抑える防護壁的な働きを担っており、角質バリア機能と比喩される働きをこなしている皮膚の角質層内のこの上なく重要な物質をいいます。

セラミドは肌の水分を守るような保湿能の向上や、肌から水が失われてしまうのを着実に食い止めたり、外部から入る刺激とか細菌や黴菌の侵入を阻止する働きを持ちます。

巷では「化粧水をちまちまと使っても効果はない」「十分潤いを与えるほどにたっぷりと使って潤いを与えたい」という表現を聞きますね。明らかにつける化粧水の量は少なめよりたっぷりの方がいい状態を作り出せます。

赤ん坊の肌が水分たっぷりでぴんとした張りがあるのはヒアルロン酸をふんだんに持っているからだと言えます。保水作用が高いヒアルロン酸は、肌の潤いを保つための化粧水などに保湿成分として有効に使用されています。