究極のマイナス5歳肌 VS 至高のマイナス5歳肌

30代ずぼら主婦が本で見たりネットで見つけたりした自分が気になる美容情報をつづってます。

今日も何気なく毎日の美容方法をまとめてみます

老化や日常的に紫外線に曝露されることにより、体内のさまざまな所に存在しているコラーゲンは劣化して硬くなったり体内含有量が減少します。これらのことが、皮膚のたるみ、シワを作ってしまうきっかけとなります。

コラーゲンというものはタンパク質の一つであり、何種類かのアミノ酸が結びついて構成された化合物です。人体の結合組織を構成するタンパク質の約3割強がコラーゲン類で成り立っています。

10〜20歳代の健康な状態の肌にはセラミドがたくさん含有されており、肌も張りがあってしっとりとした感触です。けれども悲しいことに、歳を重ねる度に肌のセラミド含量は少しずつ減っていきます。

セラミドについては人間の肌表面にて外から入る攻撃を阻止するバリアの役割を担当し、角質バリア機能と言われる重要な働きを果たす皮膚の角層部分にある貴重な物質のことをいいます。

セラミドは表皮の角質層の健康を守るために必須の成分であることが明白なので、加齢が気になる肌やアトピーの敏感な肌にはセラミドの意識的な補充は可能な限り欠かさず行いたいものの1つとなるのです。