究極のマイナス5歳肌 VS 至高のマイナス5歳肌

30代ずぼら主婦が本で見たりネットで見つけたりした自分が気になる美容情報をつづってます。

今日もなんとなく毎日の美容対策についての考えを綴ってみる

身体の中のあらゆる部位において、次々と酵素によるコラーゲンのアミノ酸への分解と種々の酵素による再合成が繰り返し行われ新しいものにチェンジされています。老化が進むと、この絶妙な兼ね合いが失われることとなり、分解活動の方が増えてきます。

はるか古の類まれな美人として後世に伝えられる女性達が哺乳類の胎盤であるプラセンタを美容と若さの維持を目指して使用していたことが記録として残っており、相当古い時代からプラセンタが美容に大変有益であることが知られていたということが実感できます。

保水力を持つヒアルロン酸が皮膚の真皮層で十分な量の水を保ち続けてくれるから、外部の環境が様々な変化や緊張感によって極度の乾燥状態になったとしても、肌のコンディションはツルツルしたコンディションでいることができるのです

朝晩の洗顔後化粧水をつける時には、はじめに適量を手のひらに乗せ、温めていくような雰囲気で掌いっぱいに伸ばし、顔の肌全体に優しく押すようにして馴染ませるようにします。

普通に売られている美肌用の化粧品や健食に使用されているプラセンタは馬や豚が由来のものが中心です。安全性の高さの面から他の動物由来のものと比較して、馬や豚の胎盤を原料としているものが非常に信頼できます。