究極のマイナス5歳肌 VS 至高のマイナス5歳肌

30代ずぼら主婦が本で見たりネットで見つけたりした自分が気になる美容情報をつづってます。

今日もなんとなーくきれいな肌を作るケアをまとめてみます

体内のヒアルロン酸の量は乳児の頃が最大で、30代以後は急速に減少していき、40代の頃には乳児の時期と比較すると、約5割程度に落ちてしまい、60歳を過ぎるととても少なくなってしまいます。

セラミドを食べるものや健康補助食品などの内部からと、基礎化粧品などの外部から摂るということで、無駄なく理想的な肌へと持っていくことが可能であろうと考えられているのです。

美白化粧品を使用すると肌が乾燥しやすいとの傾向があると言われていますが、今では、高い保湿効果のある美白スキンケアも出ているので、乾燥が気がかりという人は先ずは使ってみる値打ちはあるのではないかと感じます。

肌にもともと備わっているバリア機能で水分を溜めておこうと肌は頑張っているのですが、その働きは歳をとるとともに衰えてしまうので、スキンケアの保湿からそれを補填してあげることがとても重要です。

大人特有の肌トラブルの主な要因はコラーゲンが足りないことであると思われます。肌を支えるコラーゲンの量は年ごとに減り、40歳代では20代の時期のおよそ5割程度しかコラーゲンを作り出すことができません。