究極のマイナス5歳肌 VS 至高のマイナス5歳肌

30代ずぼら主婦が本で見たりネットで見つけたりした自分が気になる美容情報をつづってます。

本日もなにげなーく若々しい素肌になるケアの事を調べてみる

体内のヒアルロン酸の量は乳児の頃が最大で、30代以後は急速に減少していき、40代の頃には乳児の時期と比較すると、約5割程度に落ちてしまい、60歳を過ぎるととても少なくなってしまいます。

もともとヒアルロン酸とは人間の体内に存在する物質で、相当な量の水分を保つ優れた能力を有する生体由来の化合物で、極めて大量の水を貯めておくことができるのです。

よく聞く高機能成分セラミドには抑制し、気になるシミ・そばかすを予防する貴重な美白作用と肌を保湿することによって、肌の乾燥やシワ、ガザガサ肌などの種々の肌の悩みを防止する高い美肌効果があるのです。

老化に伴う皮膚のヒアルロン酸の低下は、水分をたっぷり含んだ肌の潤いを大きく悪化させる以外に、肌のハリも奪って乾燥しやすい肌やシミ、しわ増加の一番の原因となってしまいます。

セラミド含有のサプリメントや健康食品・食材を毎日継続的に飲んだり食べたりすることによって、肌の水を抱え込む作用がより一層アップし、結合組織を構成しているコラーゲンを安定な状態にする成果に繋げることも望めるのです。