究極のマイナス5歳肌 VS 至高のマイナス5歳肌

30代ずぼら主婦が本で見たりネットで見つけたりした自分が気になる美容情報をつづってます。

今日も私が知ってる美肌を保つ方法の要点をまとめてみる。

石鹸などで顔を洗った後は何もしないでいると化粧水が肌へしみこむ割合は低下します。また石鹸などで洗顔した後がもっとも乾燥が悪化するので、潤いがなくならないうちに肌を乾燥から守る保湿成分の入った化粧水をしみこませないと乾燥してカサカサ肌の原因になってしまいます。

美白ケアを行う場合に、保湿をすることがポイントであるという件については明らかな理由があります。その内容を解説すると、「乾燥したことによって気がつかないうちに損傷を受けた肌は、紫外線の影響を受け入れやすい状態になっている」という実態だからです。

皮膚の一番表面にある表皮には、硬くて丈夫なタンパク質を主成分とする角質層と呼ばれる一種の膜が存在しています。この角質層を形作っている角質細胞間をぴったりと埋めているのが「セラミド」と名付けられている脂質の一種です。

化粧水を顔に塗布する際に「手でつける」グループと「コットンの方がいい」というグループに分かれているようですが、この問題は基本的にはそれぞれのメーカーが提案している間違いのない方法で継続して使用することを強くお勧めします。

女の人は一般的に朝晩の化粧水をどんな風に肌に使っているのでしょうか?「手で肌につける」と発言した方がダントツで多数派という結果になって、コットンでつけるという方は予想以上に少数でした。