究極のマイナス5歳肌 VS 至高のマイナス5歳肌

30代ずぼら主婦が本で見たりネットで見つけたりした自分が気になる美容情報をつづってます。

得した気分になる?すべすべ美肌を保つ方法の事を綴ってみました。

美しく健康的な肌を常に保ちたいなら、多くの種類のビタミン類を摂取することが重要となるのですが、実際のところ皮膚の組織同士を結びつける非常に重要な役割を果たすコラーゲンを合成するためにも欠かしてはいけないものなのです。

コラーゲンという成分は、動物の身体を構成する何よりも一般的なタンパク質であり、骨や皮膚、腱、内臓など生体のいろんな箇所に分布しており、細胞同士をしっかりとつなぐための接着剤としての重要な役割を担っていると言えます。

タンパク質の一種であるコラーゲンという物質は弾力性の強い繊維状組織であって細胞をしっかりと接着するための役割を果たし、水分保有力の高いヒアルロン酸は繊維状のコラーゲンの隙間を埋める形で、水分が足りなくなることを予防します。

保湿のキーポイントは角質層が潤うことです。保湿効果のある成分が贅沢に配合されている化粧水で角質層の隅々まで水分を行き渡らせ、加えた水分量が失われないように、乳液とかクリームを使ってオイル分によるふたを閉めてあげましょう。

皮膚の一番表面にある表皮には、ケラチンという硬いタンパク質より作られた角質層と呼ばれる一種の膜が存在します。この角質層部分の角質細胞の隙間に存在するのが「セラミド」という名の細胞間脂質の主成分です。