究極のマイナス5歳肌 VS 至高のマイナス5歳肌

30代ずぼら主婦が本で見たりネットで見つけたりした自分が気になる美容情報をつづってます。

得した気分になる?若々しい素肌ケアの情報を書いてみます。

身体の中のあらゆる部位において、次々と酵素によるコラーゲンのアミノ酸への分解と種々の酵素による再合成が繰り返し行われ新しいものにチェンジされています。老化が進むと、この絶妙な兼ね合いが失われることとなり、分解活動の方が増えてきます。

プラセンタを配合した美容液には表皮基底細胞の分裂を活性化する機能があり、表皮細胞の生まれ替わりを健全な状態に戻し、女性の大敵であるシミが薄くなったり目立たなくなったりするなどの美白作用が見込まれています。

女性がほぼ日々つける“化粧水”。だからなおさら化粧水の効能にはなるべく気を付ける必要がありますが、真夏の暑い時期にやたらと気になる“毛穴”のケアにも良い化粧水は効果があるのです。

水をカウントしない人間の身体のおよそ50%はタンパク質で形成され、そのうちの35%前後がコラーゲンです。コラーゲンの主要な働きとは身体の皮膚や筋肉、内臓、骨、関節などを作り上げる構成部材となるという点です。

ヒアルロン酸は乳幼児の頃が最も豊富で、30代から急速に減るようになり、40代を過ぎる頃には乳児の頃と対比してみると、5割以下になってしまい、60代を過ぎる頃には相当減少してしまいます。