究極のマイナス5歳肌 VS 至高のマイナス5歳肌

30代ずぼら主婦が本で見たりネットで見つけたりした自分が気になる美容情報をつづってます。

今日もくだらないですが、年齢に負けない素肌を作るケアの情報を書いてみる。

美しく健康的な肌を常に保ちたいなら、多くの種類のビタミン類を摂取することが重要となるのですが、実際のところ皮膚の組織同士を結びつける非常に重要な役割を果たすコラーゲンを合成するためにも欠かしてはいけないものなのです。

毛穴をどうやってケアしているかを尋ねたところ、「収れん効果のある化粧水などを使って対処している」など、化粧水を重要視して日常的にケアをしている女性は全回答の2.5割前後にとどめられることとなりました。

ほとんどの女性がほぼ日々使用する“化粧水”。それだからこそ化粧水そのものにはこだわり抜きたいものですが、気温が高い時期に目立ってしまう“毛穴”のトラブル解消にも品質の優れた化粧水はとても有効なのです。

洗顔の後は時間がたつごとに化粧水の肌への浸透の割合は悪くなっていきます。また洗顔料により汚れを落とした後がもっとも乾燥が酷くなるので、なるべく急いで肌を乾燥から守る保湿成分の入った化粧水を浸透させないと乾いた状態になってしまいます。

化粧水に期待される大事な役割は、潤いをたっぷり与えることだけではなくて、肌がもともと持っている力がきっちりと出せるように皮膚の表面の環境をコントロールすることです。