究極のマイナス5歳肌 VS 至高のマイナス5歳肌

30代ずぼら主婦が本で見たりネットで見つけたりした自分が気になる美容情報をつづってます。

あいかわらずふっくら素肌になるケアの要点を書いてみる。

老化や日常的に紫外線に曝露されることにより、体内のさまざまな所に存在しているコラーゲンは劣化して硬くなったり体内含有量が減少します。これらのことが、皮膚のたるみ、シワを作ってしまうきっかけとなります。

セラミドは肌の角質層内部において、細胞間にできた隙間でスポンジのような構造で水分&油分をしっかり抱き込んで存在している脂質の一種です。肌だけでなく髪の毛の潤いの維持に大切な役割を果たしています。

ヒアルロン酸は赤ん坊の時が一番多く、30代に入ると急速に低減し始め、40代の頃には赤ちゃんの頃と比較すると、ほぼ5割まで落ちてしまい、60代以降にはかなりの量が失われてしまいます。

化粧水を塗布する際「手でつける」方がいいというグループと「コットンの方がいい」というグループに好みで分かれるようですが、実際にはメーカー側が最も推奨するつけ方で使うことをとりあえずはお勧めします。

昨今のトライアルセットに関してはフリーで配られることになっている販促品等とは異なり、スキンケア関連製品のきちんと効果が発現するほどのかなりの少量をリーズナブルな値段で売り出す物ということです。