究極のマイナス5歳肌 VS 至高のマイナス5歳肌

30代ずぼら主婦が本で見たりネットで見つけたりした自分が気になる美容情報をつづってます。

本日も暇なのでツルツル美肌になる方法の情報を綴ってみる。

体内のヒアルロン酸の量は乳児の頃が最大で、30代以後は急速に減少していき、40代の頃には乳児の時期と比較すると、約5割程度に落ちてしまい、60歳を過ぎるととても少なくなってしまいます。

皮膚表面にある表皮には、硬いタンパク質を主体とした堅固な角質層が覆うような形で存在しています。この角質層内の角質細胞間をモルタルのように埋めているのが「セラミド」と称される生体内脂質の一種です。

コラーゲンというものは高い伸縮性を持つ繊維状のタンパク質で細胞と細胞を接着するために機能し、強力な保水能力で有名なヒアルロン酸はコラーゲン繊維の間に存在することにより、水分の不足を防ぎます。

肌に備わるバリア機能で水分が逃げないように守ろうと肌は奮闘しますが、その有難い機能は老化によって低下してくるので、スキンケアを意識した保湿により必要な分を追加することが必要になるのです。

美容成分としての働きのために使用されるヒアルロン酸は、保湿作用を謳ったコスメ類や健康食品・サプリなどに効果的に利用されたり、安全性の高さの点からヒアルロン注射という治療法にも活発に用いられています。