究極のマイナス5歳肌 VS 至高のマイナス5歳肌

30代ずぼら主婦が本で見たりネットで見つけたりした自分が気になる美容情報をつづってます。

くだらないですが、きれいな肌を作る方法についての考えを書いてみます。

「美容液は高価なものだからほんの少量しか使えない」と言っている方もおられますが、栄養剤の役割を持つ美容液をケチって使うなら、当初より化粧品を買わない主義になった方が良いかもしれないとすら思ってしまいます。

一般に「肌のためには化粧水をケチらない方がいい」「豪快に浴びるようにつけるのが一番」という話を聞きますね。その通り顔につける化粧水は足りなめの量より多めの方が満足のいく効果が得られます。

美容液を活用しなくても、美しい肌を維持できるなら、それで結構と思いますが、「なにか不安な気がする」などと思う人は、年齢とは別にスキンケアに取り入れてはいかがでしょうか。

老化が原因のヒアルロン酸保有量の低下は、肌の潤い感を大きくダウンさせるというばかりではなく、肌全体のハリも奪ってカサカサの乾燥肌やシミ、しわが発生するきっかけ になってしまうのです。

肌が持つ防御機能によって水分を溜めておこうと肌は奮闘しますが、その優秀な作用は老化の影響で衰えてしまうので、スキンケアを利用した保湿により届かない分を補充する必要があるのです。