究極のマイナス5歳肌 VS 至高のマイナス5歳肌

30代ずぼら主婦が本で見たりネットで見つけたりした自分が気になる美容情報をつづってます。

本日もなんとなくマイナス5歳肌を保つケアについての考えを書いてみます。

石鹸などで顔を洗った後は何もしないでいると化粧水が肌へしみこむ割合は低下します。また石鹸などで洗顔した後がもっとも乾燥が悪化するので、潤いがなくならないうちに肌を乾燥から守る保湿成分の入った化粧水をしみこませないと乾燥してカサカサ肌の原因になってしまいます。

知名度抜群の成分セラミドにはメラニンの産生を抑制し、女性の大敵であるシミ・そばかすを防御する優れた美白効果と皮膚への保湿によって、肌の乾燥や小じわ、肌のごわつきなどの種々の肌の悩みを改善してくれる美肌効果があるのです。

最近耳にする美容成分セラミドは、肌の新陳代謝とともに生み出される“細胞間脂質”であり、3%程度の水分を維持し、細胞同士を接着剤のような役割をして接着させる大切な役割を担っているのです。

保湿の主要なポイントになるのは角質層に水分が行き割ることです。保湿効果のある成分がいっぱい入っている化粧水で角質層に水分を与え、補充した水分量が蒸発しないように、乳液とかクリームをつけて油分によるふたをしておきましょう。

新生児の肌が水分たっぷりでつやつやとした張りがあるのはヒアルロン酸をたっぷりと体内に持っているからに違いありません。保水能力がとても高いヒアルロン酸は、潤いのある肌を守る働きをする化粧水や美容液に優れた保湿成分として添加されています。