究極のマイナス5歳肌 VS 至高のマイナス5歳肌

30代ずぼら主婦が本で見たりネットで見つけたりした自分が気になる美容情報をつづってます。

今日も、うるおい素肌を作るケアの情報を調べてみました。

「美容液は高価なものだからほんの少量しか使えない」と言っている方もおられますが、栄養剤の役割を持つ美容液をケチって使うなら、当初より化粧品を買わない主義になった方が良いかもしれないとすら思ってしまいます。

美容液という名のアイテムは基礎化粧品の中の一種で、洗顔料で洗顔した後に、化粧水で失われた水分を浸透させた後の肌に塗布するのがごく基本的な使用方法です。乳液状美容液やジェル状になっているものなどいろいろ見られます。

皮膚組織の約7割がコラーゲンから成り立ち、細胞と細胞の間にできる隙間をしっかりと埋めるように繊維状になって存在しているのです。肌にハリや弾力を与え、シワの少ない肌を守り続ける真皮層を構成する主要な成分です。

ヒアルロン酸の量は乳児の頃に最も多く、30代から急激に減るようになり、40歳代では赤ちゃんの頃と比較すると、ほぼ5割まで落ちてしまい、60代の頃にはかなり失われてしまいます。

話題の美容成分セラミドは、肌のターンオーバーの過程で合成される“細胞間脂質”のことで、約3%の水を保有して、角質の細胞をまるで接着剤のようにつなぎ合わせる重要な役目を持っているのです。