究極のマイナス5歳肌 VS 至高のマイナス5歳肌

30代ずぼら主婦が本で見たりネットで見つけたりした自分が気になる美容情報をつづってます。

本日も何気なくマイナス5歳肌を保つ対策の要点をまとめてみる。

体内のヒアルロン酸の量は乳児の頃が最大で、30代以後は急速に減少していき、40代の頃には乳児の時期と比較すると、約5割程度に落ちてしまい、60歳を過ぎるととても少なくなってしまいます。

ヒアルロン酸とはもともと全身の至る組織に広範に存在する、ネバネバと粘り気のある粘性の高い液体のことを指し、生化学的な言い方をするとムコ多糖類と呼ばれるゼリー状の物質の一種だと紹介できます。

年齢を重ねることや日常的に紫外線に曝露されたりすることにより、細胞を支えているコラーゲンは硬く萎縮したり体内含有量が低下したりするのです。このような現象が、肌の硬いシワやたるみを作り出す主な原因になります。

コラーゲンという物質は、動物の身体を形作る最も一般的なタンパク質として、皮膚、靭帯、骨、腱など動物の身体の至る組織に含まれていて、細胞同士をしっかりとつなぐためのブリッジとしての重要な役割を担っていると言えます。

一般的に市販の美容液などの化粧品や健康食品・サプリに配合されているプラセンタは馬や豚が由来のものが主流になっています。安全性の点から判断しても、馬や豚の胎盤を原料としているものが極めて安心です。