究極のマイナス5歳肌 VS 至高のマイナス5歳肌

30代ずぼら主婦が本で見たりネットで見つけたりした自分が気になる美容情報をつづってます。

あいかわらずマイナス5歳肌を保つケアを書いてみます

身体の中のあらゆる部位において、次々と酵素によるコラーゲンのアミノ酸への分解と種々の酵素による再合成が繰り返し行われ新しいものにチェンジされています。老化が進むと、この絶妙な兼ね合いが失われることとなり、分解活動の方が増えてきます。

人の体の中では、途切れることなく生体内酵素によるコラーゲンの分解と新たな合成が繰り返し行われ新しいものにチェンジされています。老化が進むと、この絶妙な兼ね合いが失われてしまい、分解される量の方が増加することになります。

セラミドを食事とか健康補助食品サプリメントなどの内部からと、美肌化粧品などの外部から身体に取り入れることで、合理的に若く理想的な肌へと向かわせていくことが可能であるとみなされています。

若さを保った健康的な肌にはセラミドが多く含まれていて、肌も水分を含んできめ細かくしっとりしています。しかし残念なことに、年齢を重ねるたびにセラミド含量は低下します。

洗顔後に化粧水を肌に塗る時には、最初に適切な量をこぼさないように手のひらに出し、温かくするような感じで掌に大きく伸ばし、均一になるよう顔全体に優しくふんわりと浸透させます。