究極のマイナス5歳肌 VS 至高のマイナス5歳肌

30代ずぼら主婦が本で見たりネットで見つけたりした自分が気になる美容情報をつづってます。

ダラダラしてますがアンチエイジングを綴ってみました

美白化粧品は乾燥するイメージが強いと聞いた人も多いと思われますが、この頃では、保湿効果に優れている美白用スキンケアも見られますから、乾燥が心配な人は一回ばかりはトライする値打ちはあるだろうと思っています。

注目の保湿成分セラミドは、肌の新陳代謝の過程で作られる“細胞間脂質”を指し、3%ほどの水を取り込み、角質層の細胞を接着剤のような役割をしてつなげる役目を持っているのです。

保湿のカギになるのは角質層全体の潤いです。保湿成分がたくさん使用された化粧水で角質層の奥まで潤いを届け、プラスした水分量が出ていかないように、乳液やクリームなどをつけることによって油分でふたをしてあげるのです。

アトピーで乾燥した肌の改善に使うことのある保湿成分のセラミド。このセラミドを添加した刺激性の低い化粧水は高い保湿効果があり、いろいろな刺激から肌をきちんとガードする重要な働きを強くします。

「無添加ブランドの化粧水を選んでいるから大丈夫だろう」なんて想定している方、その化粧水は間違いなく無添加なんでしょうか?知らない人も多いと思うのですが、添加物を1種類入れないだけでも「無添加」を売りにして構わないのです。