究極のマイナス5歳肌 VS 至高のマイナス5歳肌

30代ずぼら主婦が本で見たりネットで見つけたりした自分が気になる美容情報をつづってます。

今日も、美しさを保つケアについて調べています。

石鹸などで顔を洗った後は何もしないでいると化粧水が肌へしみこむ割合は低下します。また石鹸などで洗顔した後がもっとも乾燥が悪化するので、潤いがなくならないうちに肌を乾燥から守る保湿成分の入った化粧水をしみこませないと乾燥してカサカサ肌の原因になってしまいます。

美容液というものには、美白あるいは保湿のような肌に有効に作用する成分が高い割合で使われているため、通常の基礎化粧品類と比べると販売価格もやや割高です。

ヒアルロン酸は赤ん坊の時が一番豊富で、30代以降は急激に低減し始め、40代以降には乳児の時と対比してみると、50%ほどに減少が進み、60歳代では本当に少なくなってしまいます。

女の人は通常毎日のお手入れの時に化粧水をどのような方法で使用する場合が多いのでしょうか?「手で肌になじませる」との回答をした方が圧倒的に多い調査結果が得られ、コットンを用いる方はそれほど多くはないことがわかりました。

コラーゲンをたっぷり含む食品や食材を毎日の食事で積極的に食べ、それによって、細胞同士がなお一層固くくっついて、水分をキープできたら、瑞々しいハリのある綺麗な肌が手に入るのではないかと推測します。