究極のマイナス5歳肌 VS 至高のマイナス5歳肌

30代ずぼら主婦が本で見たりネットで見つけたりした自分が気になる美容情報をつづってます。

今日も、美しさを作るケアを書いてみた

「美容液は高価なものだからほんの少量しか使えない」と言っている方もおられますが、栄養剤の役割を持つ美容液をケチって使うなら、当初より化粧品を買わない主義になった方が良いかもしれないとすら思ってしまいます。

歳をとることによって肌のハリがなくなりシワやたるみが生じるのは、欠かすことのできない大事な要素のヒアルロン酸そのものの保有量が減ってしまい潤いに満ちた肌を保つことが非常に困難になってしまうからなのです。

大半の女性が日常的に使う“化粧水”。それだからこそお気に入りの化粧水にはこだわり抜きたいものですが、夏から秋にかけての気温が高い時期に非常に気になる“毛穴”のトラブル解消にも品質の優れた化粧水はとても役立つのです。

コラーゲンという生体化合物はタンパク質の一つであり、グリシンプロリン、ヒドロキシプロリンなどのアミノ酸が結びついて構築されているものなのです。人間の身体を作っているタンパク質のおよそ3割強がそのコラーゲンでできているのです。

赤ん坊の肌が水分たっぷりでぴんとした張りがあるのはヒアルロン酸をふんだんに持っているからだと言えます。保水作用が高いヒアルロン酸は、肌の潤いを保つための化粧水などに保湿成分として有効に使用されています。