究極のマイナス5歳肌 VS 至高のマイナス5歳肌

30代ずぼら主婦が本で見たりネットで見つけたりした自分が気になる美容情報をつづってます。

今日もいまさらながら若々しい素肌ケアの事を調べてみました。

老化や日常的に紫外線に曝露されることにより、体内のさまざまな所に存在しているコラーゲンは劣化して硬くなったり体内含有量が減少します。これらのことが、皮膚のたるみ、シワを作ってしまうきっかけとなります。

保湿成分であるヒアルロン酸は人体の細胞と細胞の間のあらゆる箇所に広範囲に分布しており、美しく健康な肌のため、高い保水能力の持続やクッションのように支える働きで、大切な細胞を様々な刺激からガードしています。

プラセンタを配合した美容液といえば、加齢によるトラブル肌の改善効果や色素沈着の改善による美白効果などの特化した効能を持つ印象がある美容液と思われがちですが、赤くはれたニキビの炎症を緩和して、残ってしまったニキビ痕にも有効に働くと口コミでも大評判です。

普通市場に出ている美肌化粧品や健康食品・サプリに入っているプラセンタは馬や豚が原料になっているものが主に使用されています。気になる安全性の面から他の動物由来のものと比較して、馬の胎盤や豚の胎盤から抽出したものが明らかに一番安心だといえます。

体内のヒアルロン酸量は乳児の頃がピークで、30代を過ぎるころから急激に減少していき、40代を過ぎる頃には乳児の時と対比してみると、50%以下にまでなってしまい、60代を過ぎる頃には相当減少してしまいます。