読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

究極のマイナス5歳肌 VS 至高のマイナス5歳肌

30代ずぼら主婦が本で見たりネットで見つけたりした自分が気になる美容情報をつづってます。

今日もいまさらながらきれいな肌を保つ方法の要点を調べてみました。

石鹸などで顔を洗った後は何もしないでいると化粧水が肌へしみこむ割合は低下します。また石鹸などで洗顔した後がもっとも乾燥が悪化するので、潤いがなくならないうちに肌を乾燥から守る保湿成分の入った化粧水をしみこませないと乾燥してカサカサ肌の原因になってしまいます。

コラーゲンという成分は、動物の身体を構成する何よりも一般的なタンパク質であり、骨や皮膚、腱、内臓など生体のいろんな箇所に分布しており、細胞同士をしっかりとつなぐための接着剤としての重要な役割を担っていると言えます。

油分の入った乳液やクリームを控えて化粧水だけをつける方も存在するとのことですが、その方法は間違っています。保湿を着実に実施しなかったがために皮脂の分泌が増えたりニキビが発生したりする場合があります。

水をカウントしない人の身体のおよそ5割はタンパク質により占められ、そのうちのおよそ3〜4割がコラーゲンとなっています。コラーゲンの大切な機能として知られているのは身体の皮膚や筋肉、内臓などを形作るための構成部材となる所です。

歳をとったり屋外で紫外線に曝露されることにより、全身のコラーゲンは固まったり体内含有量が減少します。こういったことが、女性の大敵である肌のたるみやシワを生み出す要因になります。