読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

究極のマイナス5歳肌 VS 至高のマイナス5歳肌

30代ずぼら主婦が本で見たりネットで見つけたりした自分が気になる美容情報をつづってます。

今日もダラダラしてますが美容を書いてみます

老化や日常的に紫外線に曝露されることにより、体内のさまざまな所に存在しているコラーゲンは劣化して硬くなったり体内含有量が減少します。これらのことが、皮膚のたるみ、シワを作ってしまうきっかけとなります。

洗顔料で顔の皮膚を清潔にした後は時間がたつごとに化粧水が肌へしみこむ割合は低くなります。また洗顔料で顔を洗った後がもっとも肌の水分が少ない状態になるので、何をおいてもまず保湿効果のある化粧水を肌につけないと乾燥状態になってしまいます。

美容液というものは肌の奥深い部分までしっかり届いて、肌を根本的な部分より元気印にしてくれる栄養剤と言えます。美容液の有難い作用は、どこにでもある基礎化粧品ではなかなか届かない肌の奥の「真皮」まで必要な栄養成分を送り届けることです。

中でも特に乾燥して水分不足の皮膚の健康状態で悩まされている場合は、身体の組織にコラーゲンが十二分にあれば、身体が必要とする水分がキープできますから、乾燥肌対策に有益なのです。

「美容液は価格が高い贅沢品だから潤沢にはつけられない」との話も聞こえるようですが、肌の大切な栄養剤である美容液をケチって使うなら、初めから化粧品そのものを買わないことにした方が、その人にとっては良いとさえ思ってしまいます。