読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

究極のマイナス5歳肌 VS 至高のマイナス5歳肌

30代ずぼら主婦が本で見たりネットで見つけたりした自分が気になる美容情報をつづってます。

今日も取りとめもなくうるおい素肌を作るケアを書いてみた

体内のヒアルロン酸の量は乳児の頃が最大で、30代以後は急速に減少していき、40代の頃には乳児の時期と比較すると、約5割程度に落ちてしまい、60歳を過ぎるととても少なくなってしまいます。

化粧水の重要な役割は、水分を吸収させることと思われがちですが、そうではなく、肌の本来の活力がきっちりと活かされるように、肌表面の健康状態を調整することです。

美容液から思い浮かぶのは、値段が高くてこれといった理由もなく上等なイメージを持ってしまいます。年齢を重ねるにつれて美容液への好奇心は高まってくるものの、「贅沢品?」とか「まだ早い?」などの考えで今一つ踏み出せない女性は多いように感じます。

若さあふれる健やかな皮膚にはセラミドがたっぷり含有されていて、肌も活き活きしてしっとりとした感触です。しかし残念なことに、加齢などでセラミドの含量はわずかずつ低下します。

セラミドについては人間の皮膚表面で外部攻撃を食い止めるバリアの役割を担い、角質バリア機能と呼ばれる大切な働きをこなしている皮膚の角質といわれる部分の貴重な物質をいうのです。