究極のマイナス5歳肌 VS 至高のマイナス5歳肌

30代ずぼら主婦が本で見たりネットで見つけたりした自分が気になる美容情報をつづってます。

今日も取りとめもなくもっちり素肌になるケアの情報を綴ってみました。

体内のヒアルロン酸の量は乳児の頃が最大で、30代以後は急速に減少していき、40代の頃には乳児の時期と比較すると、約5割程度に落ちてしまい、60歳を過ぎるととても少なくなってしまいます。

人の体の中では、途切れることなく生体内酵素によるコラーゲンの分解と新たな合成が繰り返し行われ新しいものにチェンジされています。老化が進むと、この絶妙な兼ね合いが失われてしまい、分解される量の方が増加することになります。

お肌のタンパク質の約7割がコラーゲンによって組成されていて、肌細胞の隙間をしっかりと埋めるように繊維状または膜状に存在しているのです。肌のハリを保持し、シワの少ない肌を保つ真皮の層を形成するメインとなる成分です。

優れた保水力を持つヒアルロン酸が真皮の部分で十分な量の水を維持する働きをしてくれるので、外側の世界が変化や緊張感によって乾燥した状態になっても、肌のコンディションはツルツルを保ったままのコンディションでいることができるのです。

美容液とは基礎化粧品中のひとつであって、洗顔料で顔を洗った後に、化粧水で十分な水分を補充した後の皮膚に使うというのが代表的な用法です。乳液状美容液やジェルタイプのものなどいろいろ見られます。