究極のマイナス5歳肌 VS 至高のマイナス5歳肌

30代ずぼら主婦が本で見たりネットで見つけたりした自分が気になる美容情報をつづってます。

くだらないですが、マイナス5歳肌を保つケアについて考えています。

体内のヒアルロン酸の量は乳児の頃が最大で、30代以後は急速に減少していき、40代の頃には乳児の時期と比較すると、約5割程度に落ちてしまい、60歳を過ぎるととても少なくなってしまいます。

ヒアルロン酸とは元来人間の体の中のあらゆる部分にある、ヌルつきのある粘性のある液体のことを言い、生化学的にムコ多糖類の中の一種と言えます。

よく耳にするコラーゲンは、アンチエイジングと健康を持続するために欠かしてはいけない非常に重要な成分です。健やかな身体に非常に重要な栄養素であるコラーゲンは、タンパク質の新陳代謝が悪くなってくるようになったら積極的に補給することが必要です。

一般的にほとんどの女性が連日当たり前のように使う“化粧水”。そうなると一層化粧水の品質には注意して行きたいものですが、気温の高い夏場に目立ってしまう“毛穴”の開きや黒ずみのケアにも品質の優れた化粧水は非常に有益なのです。

体内のヒアルロン酸の量は乳児の頃が一番豊富で、30代以後は急速に減り幅が大きくなり、40代を過ぎる頃には乳児の時と対比してみると、5割ほどにまで落ちてしまい、60歳を過ぎるとかなり減ってしまいます。