究極のマイナス5歳肌 VS 至高のマイナス5歳肌

30代ずぼら主婦が本で見たりネットで見つけたりした自分が気になる美容情報をつづってます。

本日もなんとなく美肌になるケアの情報を調べてみました。

すぐに脂っぽくなる脂性肌の人、常に水分が足りない乾燥肌の人、そしてどちらも併せ持っている混合肌の人まで存在します。各々のタイプに合った保湿化粧品が揃っていますから、自身の肌の状況に効果的な商品を探し当てることが絶対条件です。

肌表面には、硬いケラチンタンパク質を主成分とする堅固な角質層で覆われている層が存在します。この角質層を形成する細胞同士の隙間を満たしているのが「セラミド」と称される生体内脂質の一つです。

保湿成分として有名なヒアルロン酸は細胞間物質として細胞と細胞の間に存在しており、健康でつややかな美肌のため、保水力の継続や衝撃を吸収するクッションのような働きで、体内の細胞をしっかりガードしています。

普通市場に出ている化粧水や乳液などの化粧品や健康補助食品に添加されているプラセンタは馬の胎盤や豚の胎盤を原料としたものです。安全性が確保できるという面から考えても、馬や豚が由来のものが間違いなく一番安心して使えます。

最近よく聞くプラセンタいう言葉はもとは英語で胎盤を表すものです。基礎化粧品や健康食品・サプリメントで近頃よくプラセンタを配合したなど見ることがありますが、これについては器官としての胎盤そのもののことをいうのではありませんからご安心ください。