究極のマイナス5歳肌 VS 至高のマイナス5歳肌

30代ずぼら主婦が本で見たりネットで見つけたりした自分が気になる美容情報をつづってます。

今日もいまさらながら美容の事を調べてみました。

現在はそれぞれのブランド別のトライアルセットが豊富にあるから、気に入った化粧品は買い揃える前にトライアルセットを注文して使い心地などを十分に確認するとの手法があるのです。

10〜20歳代の健やかな状態の肌にはセラミドが多く保有されていて、肌も水分をたっぷり含んできめ細かくしっとりしています。けれども、加齢と共にセラミド含有量は少量ずつ減少していきます。

保湿の一番のポイントは角質層に適度に水分が保持されていることです。保湿効果のある成分が贅沢に入っている化粧水で角質層を水分で満たし、プラスした水分量が飛んでしまわないように、乳液やクリームなどを使ってオイル分のふたをしておきましょう。

一口に「美容液」と言っても、幅広い種類がありまして、おしなべてこれと説明することは少々難しいのですが、「化粧水と比べて多めに有効な成分が含まれている」との意味合い に近いように思います。

体内のヒアルロン酸量は乳児の頃が最大で、30代に入ると急速に少なくなり、40代を過ぎる頃には乳児の頃と対比してみると、約5割程度に減り、60代を過ぎるととても少なくなってしまいます。