究極のマイナス5歳肌 VS 至高のマイナス5歳肌

30代ずぼら主婦が本で見たりネットで見つけたりした自分が気になる美容情報をつづってます。

今日もいまさらながら年齢に負けない素肌を作るケアの情報を調べてみる

体内のヒアルロン酸の量は乳児の頃が最大で、30代以後は急速に減少していき、40代の頃には乳児の時期と比較すると、約5割程度に落ちてしまい、60歳を過ぎるととても少なくなってしまいます。

若さあふれる健やかな肌にはセラミドが多量に保有されており、肌も水分をたっぷり含んでしっとりとした感触です。しかしながら、年齢を重ねるたびにセラミドの含有量は減少していきます。

体内に取り込まれたセラミドは一度分解され異なる成分に変異しますがその成分が表皮まで届くことでセラミドの産生が促進されることになっていて、皮膚表皮のセラミドの含有量が徐々に増加すると考えられているわけです。

注目の美容成分セラミドにはメラニンの合成を気になるシミ・そばかすを防御する優れた美白効果と皮膚への保湿で、ドライ肌や小じわ、肌の荒れなどの種々の肌の悩みを防止する高い美肌効果があるのです。

よく耳にするコラーゲンという物質は、人間を含めたすべての多細胞動物に存在する最も主要なタンパク質として、皮膚、筋肉、内臓、骨、関節、眼、髪など身体全体の様々な部位に豊富に含まれていて、細胞と細胞をつないで支える接着成分のような大切な作用をしています。