読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

究極のマイナス5歳肌 VS 至高のマイナス5歳肌

30代ずぼら主婦が本で見たりネットで見つけたりした自分が気になる美容情報をつづってます。

あいかわらずきれいな肌を作る方法の要点を綴ってみる。

「美容液は高価なものだからほんの少量しか使えない」と言っている方もおられますが、栄養剤の役割を持つ美容液をケチって使うなら、当初より化粧品を買わない主義になった方が良いかもしれないとすら思ってしまいます。

女性の多くがほぼ連日使うのが当たり前となっている“化粧水”。であるからこそ化粧水の機能にはそこそここだわりたいものですが、特に暑い時期に目立ってしまう“毛穴”対策にも良い化粧水は非常に効果的なのです。

注目の美容成分セラミドにはメラニンの合成を防ぎ、女性の大敵であるシミやそばかすを防御する優れた美白効果と肌への保湿で、肌の乾燥やシワ、ざらざら肌などのたくさんの肌の悩みを防止する優れた美肌機能があります。

洗顔後に化粧水を肌に使用する際には、まず適切な量を手のひらに乗せ、体温に近い温度にするような感じで掌にゆったりと伸ばし、万遍なく顔全体を包み込むようにやさしくそっと行き渡らせてなじませます。

化粧水を浸透させる際に目安として100回手で入念にパッティングするという説がありますが、この手法はやめた方がいいです。ストレスなどで肌が弱っていたら毛細血管がうっ血し俗に「赤ら顔」と言われる症状の誘因となります。