読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

究極のマイナス5歳肌 VS 至高のマイナス5歳肌

30代ずぼら主婦が本で見たりネットで見つけたりした自分が気になる美容情報をつづってます。

どうでもいいけどつやつや美肌になる方法を綴ってみました

体内のヒアルロン酸の量は乳児の頃が最大で、30代以後は急速に減少していき、40代の頃には乳児の時期と比較すると、約5割程度に落ちてしまい、60歳を過ぎるととても少なくなってしまいます。

大人特有の肌トラブルの要因のほとんどがコラーゲンが足りないことによるといわれています。皮膚のコラーゲンの量は年々低下し、40代を過ぎると20代のおよそ50%しかコラーゲンを作れないようになってしまいます。

よく聞くコラーゲンという物質は、美しさと健康のためにはないと困る栄養成分です。からだのためにとても大切なコラーゲンは、タンパク質の新陳代謝が悪化すると外部から補給することが必要になります。

健康で瑞々しい美肌を守り続けるためには、各種のビタミンを摂取することが肝心ですが、実を言うとそれに加えて皮膚の組織と組織を結びつける貴重な役割を持つコラーゲンの産生にも欠かすわけにはいかないものです。

プラセンタを摂って代謝が活発になったり、以前より肌の調子が明らかに改善されたり、いつも以上に寝起きがいい方向に変化したりと間違いなく効き目があると実感できましたが、気になる副作用については全然なかったといえます。