究極のマイナス5歳肌 VS 至高のマイナス5歳肌

30代ずぼら主婦が本で見たりネットで見つけたりした自分が気になる美容情報をつづってます。

本日もいまさらながらマイナス5歳肌を作る対策について公開します。

老化や日常的に紫外線に曝露されることにより、体内のさまざまな所に存在しているコラーゲンは劣化して硬くなったり体内含有量が減少します。これらのことが、皮膚のたるみ、シワを作ってしまうきっかけとなります。

コラーゲンという成分は、動物の身体を構成する何よりも一般的なタンパク質であり、骨や皮膚、腱、内臓など生体のいろんな箇所に分布しており、細胞同士をしっかりとつなぐための接着剤としての重要な役割を担っていると言えます。

皮膚組織の約7割がコラーゲンから成り立ち、細胞と細胞の間にできる隙間をしっかりと埋めるように繊維状になって存在しているのです。肌にハリや弾力を与え、シワの少ない肌を守り続ける真皮層を構成する主要な成分です。

よく見かけるコラーゲンとは生体構造の骨格を形成するタンパク質で、幾種類ものアミノ酸がつながって構成された物質を指します。身体を構成する全タンパク質のうち約3分の1がこのコラーゲンという物質で占められています。

ヒアルロン酸とはもともと人間の体の中の至る部分に広く存在している、ぬるっとした粘り気のある粘性の高い液体を指し示しており、生化学的に表せばムコ多糖類というゲル状多糖類の一種であると言うことができます。