読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

究極のマイナス5歳肌 VS 至高のマイナス5歳肌

30代ずぼら主婦が本で見たりネットで見つけたりした自分が気になる美容情報をつづってます。

本日もいまさらながら年齢に負けない素肌を作るケアの要点を調べてみる

無添加で有名な化粧水を使うようにしているから大丈夫だろう」と油断している方、その化粧水は本当の無添加品ですか?実を言うと、添加物の中の1つを添加しないというだけでも「無添加」と宣伝して差支えないのです。

体内のヒアルロン酸の量は乳幼児の時に最も多く、30代以降は一気に減るようになり、40代の頃には赤ちゃんの時と比較してみると、約50%ほどに減少が進み、60代を過ぎる頃にはかなり失われてしまいます。

赤ちゃんの肌が潤いに満ちてつやつやとした張りがあるのはヒアルロン酸を多量に保有しているからだと言えます。保水する力がとても高いヒアルロン酸は、皮膚の瑞々しさを保持する化粧水や美容液に優れた保湿成分として添加されています。

お肌のタンパク質の約7割がコラーゲンに占められ、角質細胞の隙間を埋めるような状態で繊維状に密に存在しているのです。肌にハリやつやを与え、シワのない綺麗な肌を保持する真皮部分を構成するメインとなる成分です。

ヒアルロン酸の保水能力の件についても、角質層においてセラミドが効率的に皮膚を守る防壁機能を整えることができれば、皮膚の水分保持能力がアップすることになり、より瑞々しく潤った肌を守ることができるのです。