究極のマイナス5歳肌 VS 至高のマイナス5歳肌

30代ずぼら主婦が本で見たりネットで見つけたりした自分が気になる美容情報をつづってます。

本日もヒマをもてあましてピン!としたハリ肌ケアの事をまとめてみました。

体内のヒアルロン酸の量は乳児の頃が最大で、30代以後は急速に減少していき、40代の頃には乳児の時期と比較すると、約5割程度に落ちてしまい、60歳を過ぎるととても少なくなってしまいます。

無添加と書いてある化粧水を確認して使っているので安心だ」なんて考えている方、その化粧水は実際に無添加なのでしょうか?知らない人も多いと思うのですが、数ある添加物の中の1つを配合しないだけでも「無添加」の製品としていいのです。

セラミドは肌の角層において、細胞と細胞の間でスポンジのように働いて水分だけでなく油分も抱き込んでいる存在です。皮膚や毛髪の瑞々しさを保つために必要不可欠な作用をしています。

1gで約6Lの水分を抱えることができると言われているヒアルロン酸は、皮膚だけでなく様々なところに大量に含まれており、皮膚の中の真皮と呼ばれる箇所に多量にあるという特質を持つのです。

プラセンタを配合した美容液と聞けば、老化防止や美白効果などの特化した効能を持つ印象がある一段上の肌を目指す美容液ですが、気になるニキビの炎症をきちんと鎮めて、茶色っぽくなったニキビ痕にも明らかに有効と話題沸騰中です。