読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

究極のマイナス5歳肌 VS 至高のマイナス5歳肌

30代ずぼら主婦が本で見たりネットで見つけたりした自分が気になる美容情報をつづってます。

相も変わらずすべすべ美肌になるケアの要点を書いてみました

体内のヒアルロン酸の量は乳児の頃が最大で、30代以後は急速に減少していき、40代の頃には乳児の時期と比較すると、約5割程度に落ちてしまい、60歳を過ぎるととても少なくなってしまいます。

加齢肌へのアンチエイジング対策としてはなによりもまず保湿と柔らかな潤いを甦らせることが最も重要なのです。お肌に水を多量に保有することで、角質防御機能がしっかりと作用するのです。

注目のコラーゲンという物質は、全ての動物の体内に存在する最も一般的なタンパク質として、皮膚、筋肉、内臓、骨、関節など動物の体内のいろんな箇所に豊富に含まれていて、細胞と細胞をつないで支えるブリッジに例えられるような重要な役割を持っていると言えます。

注意すべきは「かいた汗が吹き出している状態で、あわてて化粧水を塗ってしまわない」ようにすることです。ベタベタした汗と化粧水が混じり合うと肌に深刻な損傷を与えてしまうかもしれません。

ヒアルロン酸とはそもそも人間の体内に広く分布している物質で、並外れて水分を維持する秀でた特長を持った天然の美容成分で、非常に大量の水を吸収することができると言われます。