究極のマイナス5歳肌 VS 至高のマイナス5歳肌

30代ずぼら主婦が本で見たりネットで見つけたりした自分が気になる美容情報をつづってます。

気が向いたのですべすべ素肌ケアの情報をまとめてみました。

体内のヒアルロン酸の量は乳児の頃が最大で、30代以後は急速に減少していき、40代の頃には乳児の時期と比較すると、約5割程度に落ちてしまい、60歳を過ぎるととても少なくなってしまいます。

肌表面には、硬いケラチンタンパク質を主成分とする堅固な角質層で覆われている層が存在します。この角質層を形成する細胞同士の隙間を満たしているのが「セラミド」と称される生体内脂質の一つです。

保湿のための手入れと同時に美白目的のスキンケアも実行することにより、乾燥により生じる憂鬱な肌トラブルの負のスパイラルを阻止し、かなり実用的に美白のお手入れが行えるわけです。

若々しい健康的な肌にはたっぷりのセラミドが含有されており、肌も水分を含んでしっとりとした手触りです。しかし気持ちとは反対に、年齢を重ねることで角質層のセラミド量は減少します。

プラセンタ入り美容液には表皮細胞の分裂を助ける効能があり、表皮の新陳代謝を正しい状態に整え、女性の大敵であるシミが明らかに薄くなるなどの美白作用が大いに期待されています。