究極のマイナス5歳肌 VS 至高のマイナス5歳肌

30代ずぼら主婦が本で見たりネットで見つけたりした自分が気になる美容情報をつづってます。

なんとなくみずみずしい素肌を作るケアを公開します。

体内のヒアルロン酸の量は乳児の頃が最大で、30代以後は急速に減少していき、40代の頃には乳児の時期と比較すると、約5割程度に落ちてしまい、60歳を過ぎるととても少なくなってしまいます。

ヒアルロン酸とは元来生体内の方々に広範に存在する、ネバネバと粘り気のある高い粘性のある液体を言い、生化学的な表現ではムコ多糖類の中の一種だと紹介できます。

ヒアルロン酸は赤ん坊の時に一番多く、30代から急激に減っていき、40歳を過ぎると赤ちゃん時代と比較してみると、約50%ほどに激減してしまい、60歳の頃にはかなりの量が減ってしまいます。

ほとんどの女性が洗顔の後にスキンケアのためにほぼ毎日使う“化粧水”。だからこそ余計に化粧水の機能には注意して行きたいものですが、気温の高い季節にやたらと気になる“毛穴”対策にも良い化粧水は効果的と言えます。

ヒアルロン酸の保水能力の件についても、角質層においてセラミドが効率的に皮膚を守る防壁機能を整えることができれば、皮膚の水分保持能力がアップすることになり、より瑞々しく潤った肌を守ることができるのです。