究極のマイナス5歳肌 VS 至高のマイナス5歳肌

30代ずぼら主婦が本で見たりネットで見つけたりした自分が気になる美容情報をつづってます。

取りとめもなくつやつや素肌対策の事を綴ってみました。

老化や日常的に紫外線に曝露されることにより、体内のさまざまな所に存在しているコラーゲンは劣化して硬くなったり体内含有量が減少します。これらのことが、皮膚のたるみ、シワを作ってしまうきっかけとなります。

美白ケアを行う場合に、保湿のことが重要だという話には理由が存在します。その内容を説明すると、「乾燥した影響で深刻なダメージを被った肌は、紫外線の攻撃を受け入れやすい状態になっている」からということなのです。

基本的に市販されている美肌化粧品や健康補助食品に配合されているプラセンタは馬の胎盤や豚の胎盤から抽出したものが利用されています。安全性が確保しやすい点から考えても、馬の胎盤や豚の胎盤を原料としたものが現在のところ一番安心です。

美容成分としての効果をターゲットとしたヒアルロン酸は、保湿力の高さを謳い文句とした化粧水や美容液などの基礎化粧品や美容サプリメントなどに用いられたり、危険性ほとんどないためヒアルロン酸注射・注入としても役立てられているのです。

化粧水をつける時に、目安として100回掌で万遍なくパッティングするという説を見かけますが、このようなことはしない方がいいです。肌が弱くトラブルになりやすい方は毛細血管が刺激され気になる「赤ら顔」のきっかけとなることもあります。