究極のマイナス5歳肌 VS 至高のマイナス5歳肌

30代ずぼら主婦が本で見たりネットで見つけたりした自分が気になる美容情報をつづってます。

本日もいまさらながら毎日の美容方法の事を綴ってみる。

身体の中のあらゆる部位において、次々と酵素によるコラーゲンのアミノ酸への分解と種々の酵素による再合成が繰り返し行われ新しいものにチェンジされています。老化が進むと、この絶妙な兼ね合いが失われることとなり、分解活動の方が増えてきます。

プラセンタを摂取してから代謝が活発になったり、以前より肌の健康状態が良くなった感じがしたり、朝の寝起きが格段に良くなったりと効き目があると体感できましたが、副作用等の弊害は思い当たる限りでは感じられませんでした。

元来ヒアルロン酸とは人の体内のあらゆるところに広く存在する成分で、驚異的に水を抱き込む能力に秀でた保湿成分で、ビックリするくらい多量の水を貯蔵する効果があることで有名です。

アトピーの治療の際に使われることもある注目の保湿成分セラミド。このセラミドの効果を利用した潤いを保つ化粧水は保湿能力が高く、アレルギー源などの刺激から肌を守りケアする働きを高めてくれます。

もともと美容液には、美白や保湿などの肌に作用する美容成分が十分な高濃度で含有されているため、他の基礎化粧品類と比べ合わせると売値も少しばかり割高になるのが通常です。