究極のマイナス5歳肌 VS 至高のマイナス5歳肌

30代ずぼら主婦が本で見たりネットで見つけたりした自分が気になる美容情報をつづってます。

本日も取りとめもなくみずみずしい素肌を作るケアの事をまとめてみる。

老化や日常的に紫外線に曝露されることにより、体内のさまざまな所に存在しているコラーゲンは劣化して硬くなったり体内含有量が減少します。これらのことが、皮膚のたるみ、シワを作ってしまうきっかけとなります。

人の体の中では、途切れることなく生体内酵素によるコラーゲンの分解と新たな合成が繰り返し行われ新しいものにチェンジされています。老化が進むと、この絶妙な兼ね合いが失われてしまい、分解される量の方が増加することになります。

最近ブームのプラセンタは英語で哺乳動物が妊娠した際に作られる胎盤を示します。化粧品や健康補助食品などでしばしば今話題のプラセンタ配合目に入ることがありますが、これ自体臓器としての胎盤のことを示すのではないので不安に思う必要はありません。

ヒアルロン酸とは元来人間の体内の至るところに存在する、ぬるっとした粘り気のある粘性が高い液体を示しており、生化学的に表すとアミノ酸と糖からなるムコ多糖類の一種だと言えます。

洗顔料で顔を洗った後は時間がたつごとに化粧水の肌への浸透の割合は低下します。また石鹸などで洗顔した後がもっとも乾燥が酷くなるので、即座に保湿できる化粧水を肌につけないと乾いた状態になってしまいます。