究極のマイナス5歳肌 VS 至高のマイナス5歳肌

30代ずぼら主婦が本で見たりネットで見つけたりした自分が気になる美容情報をつづってます。

今日も気が向いたのですべすべ美肌になる対策について考えています。

体内のヒアルロン酸の量は乳児の頃が最大で、30代以後は急速に減少していき、40代の頃には乳児の時期と比較すると、約5割程度に落ちてしまい、60歳を過ぎるととても少なくなってしまいます。

傷つきやすい敏感肌やエアコンなどで悪化しやすい乾燥肌で苦しんでいる方に重要なお知らせです。あなたの肌の質を改善の方向に向かわせない要因はひょっとしてですがお気に入りの化粧水に入れられている何らかの悪さをする添加物かもしれません!

非常に乾燥によりカサついたお肌のコンディションで悩んでいる人は、体内にコラーゲンがしっかりとあれば、必要とされる水分がキープされますから、乾燥肌へのケアにもなり得るのです。

皮膚の一番外側にある表皮には、ケラチンという硬くて頑丈なタンパク質からできた強固な角質層が覆うように存在しています。この角質層を構成している細胞同士の隙間をモルタルのように埋めているのが「セラミド」といわれている細胞間脂質の主成分です。

セラミドは肌の角層内において、角質細胞間でスポンジのように働いて水分と油を着実に抱え込んで存在する細胞間脂質の一種です。皮膚や毛髪の潤いをキープするために外せない役割を果たしています。