究極のマイナス5歳肌 VS 至高のマイナス5歳肌

30代ずぼら主婦が本で見たりネットで見つけたりした自分が気になる美容情報をつづってます。

本日もなんとなーくマイナス5歳肌を作るケアを綴ってみました

体内のヒアルロン酸の量は乳児の頃が最大で、30代以後は急速に減少していき、40代の頃には乳児の時期と比較すると、約5割程度に落ちてしまい、60歳を過ぎるととても少なくなってしまいます。

食品として体内に摂取されたセラミドは一度分解されて違う成分に変異しますが、その成分が皮膚表皮に届くことでセラミドの生成が促進され、皮膚表皮のセラミド含量が増大していくわけです。

日焼けしてしまった後に一番にやるべきことがあります。それは、通常より着実に保湿することこれが何よりも大事なことなのです。更にいうと、日焼けした直後のみではなく、保湿は日課として行った方がいいです。

たっぷりコラーゲンを含んだ食材を日常の食事で意識して摂取し、その働きによって、細胞同士がなお一層固くつながって、保水することが叶えば、若々しい弾力のある美しい肌を手に入れられるのではないでしょうか。

何よりもまず美容液は肌への保湿効果をきちんと持ち合わせていることが大切なので、保湿機能を持つ成分がどれくらいの比率で含まれているのか確認することをお勧めします。製品の中には保湿だけに力を入れているものなども存在するのです。