究極のマイナス5歳肌 VS 至高のマイナス5歳肌

30代ずぼら主婦が本で見たりネットで見つけたりした自分が気になる美容情報をつづってます。

今日もなんとなーくつやつや美肌になるケアについて公開します。

「美容液は高価なものだからほんの少量しか使えない」と言っている方もおられますが、栄養剤の役割を持つ美容液をケチって使うなら、当初より化粧品を買わない主義になった方が良いかもしれないとすら思ってしまいます。

もともと美容液には、美白とか保湿などの肌に有効に作用する成分が高い濃度になるように含有されているため、ありふれた基礎化粧品類と比べ合わせると価格帯も少しだけ割高となります。

若々しくて健康的な肌には十分な量のセラミド保有されていて、肌も水分を豊富に含んでしっとりなめらかです。ところが思いとは裏腹に、歳を重ねる度にセラミド量は低下します。

お肌の真皮層の7割がコラーゲンから成り立ち、細胞同士の間にできた隙間をしっかりと埋めるように繊維状に隙間なく存在しているのです。肌にハリや弾力を与え、シワやたるみのない肌を持続させる真皮の層を構成する中心となる成分です。

美容成分としての働きのためのヒアルロン酸は、保湿やエモリエント効果を製品コンセプトとした化粧水のような化粧品類やサプリで利用されたり、危険性が少ない成分なのでヒアルロン酸注射という美容治療としても幅広く活用されているのです。