究極のマイナス5歳肌 VS 至高のマイナス5歳肌

30代ずぼら主婦が本で見たりネットで見つけたりした自分が気になる美容情報をつづってます。

本日もあいかわらず美肌を作る対策についての考えを書いてみます。

体内のヒアルロン酸の量は乳児の頃が最大で、30代以後は急速に減少していき、40代の頃には乳児の時期と比較すると、約5割程度に落ちてしまい、60歳を過ぎるととても少なくなってしまいます。

セラミドが含有されたサプリや健康食品・食材を毎日の習慣として身体に取り込むことにより、肌の水を抱える能力が更にアップし、全身の組織に含まれているコラーゲンを安定な状態で保つことだって可能になるのです。

乳液やクリームのような油分を含む基礎化粧品を使わずに化粧水だけ塗る方もみられますが、このケアは実は致命的な勘違い。保湿をしっかりやらないために皮脂の分泌が増えたりニキビや吹き出物ができたりということになりやすいのです。

肌に備わっている防護機能で水分の蒸散を防ごうと肌は努力しますが、その有益な作用は年齢を積み重ねるにつれて徐々に低下するので、スキンケアを利用した保湿によってそれを追加することが重要になります。

「美容液は割高だからあまり使用しない」との声も聞きますが、肌の大切な栄養剤である美容液をケチるのなら、化粧品を購入しない主義になった方が良いのかもとすら思えてきます。